アーカイブ

アーカイブと削除の違い

メールのアーカイブと削除の違い|iPhoneの使い方

アーカイブ(archive)は保管庫の意味です。
iCloudは設定によって、メールの真ん中のボタンをゴミ箱とアーカイブを切り替えることができます。
iCloudは設定でゴミ箱とアーカイブを切り替え可能
メールをアーカイブすると受信トレイからメールが消える点なども踏まえて、アーカイブを削除と勘違いしている人も多いようです。

本来は受信トレイにいつまでもメールを残さずに「すべてのメール」に移動(保管)するという事です。
ゴミ箱に入れるとメールは削除されてしまいますがアーカイブしたメールは削除されません。

ですので「受信箱からメールを移動する」という動作は同じですが、「削除対象とする」か「削除対象としないか」と全く逆の機能になります。
ちなみにiCloudは無料で使える容量が5GBなので、デフォルト設定は[削除]ボタンが表示されるようになっています。

iCloudメールアドレスでアーカイブを利用する

iCloudでメールをゴミ箱ではなく、アーカイブするボタンを表示させる手順。
まずはiPhoneのホーム画面から[設定]
iPhone 設定 アイコン
iCloudを選択
※[メール]→[アカウント]→[iCloud]から設定を進めても同じです。
iPhoneの設定からiCloudを選択
画面最下部の[メール]を選択
iCloudの詳細の[メール]を選択
[詳細]
更にメールの[詳細]を選択
削除したメッセージの移動先のチェックを[削除済メールボックス]から[アーカイブメールボックス]に変更で完了。
[削除済メールボックス]から[アーカイブメールボックス]に変更
これでボタンがゴミ箱から[アーカイブ]に変更されます。
iCloudのボタンがゴミ箱から[アーカイブ]に変更

「アーカイブ」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*


ページのトップへ戻る