iPhoneのパスコードを忘れた(iTunesから解除)

iPhoneのパスコードを忘れた(iTunesから解除)

iPhoneのパスコードを忘れた

iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合「iPhoneの初期化→復元」でパスコードが設定されていない状態で復元が可能です。
iTunesから復元するにはiPhoneに設定されている[iPhoneを探す]機能をオフになっている必要があります。



iPhoneのバックアップ

iPhoneをパソコンに接続します。
パスコードロックがかかったままでも(iPhoneが認識されれば)バックアップファイルを作成してくれます。
iPhoneをパソコンに接続

iPhoneを復元

バックアップが完了したら[iPhoneを復元]します。
※念のため、復元を開始する前に自動的にバックアップが「このコンピュータに」なっているか確認して下さい。
※iCloudにバックアップしている場合も、PCにバックアップしている場合も
最新のバックアップ」までデータが戻ってしまいますのでご注意を。
バックアップが完了したら[iPhoneを復元]

iPhoneを復元する前に”iPhoneを探す”をオフにする必要があります。

このメッセージが表示されてしまった場合、iPhoneのパスコードが分からないのにパスコードを解除し、[iPhoneを探す]をオフにするのは無理なので、iCloudからiPhoneを初期化する方法でチャレンジして下さい。
iPhoneを復元する前に”iPhoneを探す”をオフにする必要があります。

→ iPhoneを探すがオンの状態でパスコードを解除する方法

iPhoneを工場出荷の設定に戻す

パスコードロックを解除するために一旦iPhoneを工場出荷の設定(初期化)する必要があります。
先ほどバックアップを取ったので[復元]を押します。
[復元]を押しiPhoneを工場出荷の設定に戻す
iPhoneの初期化が始まります。
iPhoneの初期化

iPhoneの復元

iPhoneの初期化が終わると引き続き復元作業が始まります。
データをそのまま使いたい場合は[このバックアップから復元]で(複数のデバイスがある場合はプルダウンから選択してください。)
※データなどが不要な場合は[新しいiPhoneとして設定]しても問題ありません。
iPhoneの初期化が終わると引き続き復元作業
復元する際にiTunesでバックアップを暗号化していた場合はロック解除のパスワードが要求されます。
復元する際にiTunesでバックアップを暗号化していた場合はロック解除のパスワードが要求
iPhoneのデータの復元が終わるまで暫くお待ちください。

iPhoneの初期設定のやり直し

iPhoneを新規購入した時やアップデートの時と同じ流れですが念のため
iPhoneの初期設定のやり直しの流れ
iPhoneで位置情報機能(GPS)を利用するか・利用しないかの設定
iPhoneで位置情報機能(GPS)を利用するか・利用しないかの設定
Touch ID(指紋認証機能)の設定・指紋の登録
Touch ID(指紋認証機能)の設定・指紋の登録
iPhoneのパスコードの設定
※今度は忘れないように注意!
iPhoneのパスコードの設定
iPhoneにAppleIDを設定
iPhoneにAppleIDを設定
Siri(音声検索サービス)の設定
Siri(音声検索サービス)の設定
以上でiPhoneのパスコードを解除して復元する流れです。
iPhoneの初期設定完了

「iPhoneのパスコードを忘れた(iTunesから解除)」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る