故障したiPhoneを自分で分解,修理するには

故障したiPhoneのパーツ交換を自分で行う

iPhoneは基本的に1年間のメーカー保障、購入時にオプション料金を支払いApple Careで2年間(もしくは2回までの)修理サービスを受ける事ができます。
ただしApple以外の店舗で分解した場合は保障対象外になってしまうので分解は自己責任で。
保障期間内はAppleに無料対象の故障か、修理期間は?等の問合せを行った後に,自分で修理をするかどうかの判断をする事をお薦めします。



それでも自分で直そうとする人が多いのは
●思ったより簡単
●安価にできる
●Appleに修理を頼んだ場合、数日iPhoneを利用できない
等の理由があります。

iPhone5/5c/5s/6/6 plusを分解する場合、以下の点に注意する必要がある。

(1)フロントパネル(液晶画面)を外す工程
※実作業の中で最初にして最大の難関。
※Webで公開されている方法を見ると通常は吸盤を使うが、自信がない人は専用のツールがお薦め。

(2)パーツを元通りの場所に戻せるように管理
組み立て直す時のパーツの向きやネジの場所(全てが同じ長さではありません)を理解しながら分解する

(3)パーツをなくさない
ネジなどの各パーツはとても小さいので、トレイ上で作業したり、マグネットシートを用いたりする気遣いも必要です。

使った工具は以下の通り

iPhone分解時に利用した工具

1 iPhone分解用工具としてセット購入したもの
・星形ドライバー(黒)
・プラスドライバー(黒)
・吸盤
・ピック(青)
・テコ(緑/小中2本)
・ピンセット
※工具名は正しいか分かりませんが・・

うまく分解できずに買い足したもの
2 ダブル吸盤方式オープナー

3 スパッジャー
※テコが少し使っただけで痛み出したので購入

スパッジャー(自分はamazonではなく店舗で購入ですが)

以下は家にあったものを利用
4 (絵画用絵の具)パレット
※分解した際のネジを小分けに置いておくのに便利です。
※ネジの長さが微妙に違ったりするので、細部まで分解する必要がある場合は、どこにどのネジが使われていたか分かるように保管できるものが必要です。

自分はパレットでネジを保管しましたが、分解したiPhoneのイラストが描かれた保管マップもあるようです。

5 トレイ
※ネジやパーツが細かいので転がって紛失しないようにするため。
※パーツが見分けやすいように白など明るい色のもの


iPhoneを分解する手順

まずはiPhoneの右上のスリープ/スリープ解除ボタンを長押しし、スライドで電源をオフにします。

ライトニングケーブルの接続口の左右にあるネジを外します。
※使用するのは星型ドライバーです。

星型ドライバーでiPhoneのネジを外す

ネジは無造作に置かずに、どこのネジをどこに置いたか分かるようにしておきます。

iPhoneから外したネジの場所を覚えながら無くさないように保管

iPhoneのフロントパネルを外すために、吸盤をホームボタン寄り(下側)に吸着します。
なぜホームボタン寄り(下側)に吸着させるかというと、基盤から液晶への結線が上部にあるからです。

iPhoneのフロントパネルを外すには通常,吸盤が利用される

iPhone5やiPhone5cは液晶を外しても上部の結線を外さなければフロントパネルは分離できません。
上部に吸盤を吸着させて開けようとすると結線を切断してしまうかもしれません。
必ず下部(ホームボタン側)に吸盤を吸着して下さい。

iPhone5やiPhone5cでフロントパネルを外した場合

更にiPhone5sやiPhone6、iPhone6 plusはホームボタンに指紋認証用の結線があるため、下側も約4cm以上は開いてはいけません。

iPhone5sやiPhone6/6 plusでフロントパネルを外した場合

最初にして最大の難関はこのフロントパネル外しだと思います。
YouTube動画や分解の解説ページで さらっと「吸盤を使って外します」って言ってますが、本当に難しいです。

実際の事実は知りませんが、感覚的にはフロントパネル部分と本体側が接着されているのでは・・と思われるほど硬く重かったです。

力を入れすぎると配線を切ってしまう恐れがあるのに、弱い力では開く気配がない。力加減はとても難しい。

自分のiPhoneがキツく閉じられていただけで、一般的には軽く、簡単に開く可能性もありますので一回チャレンジしてみて下さい。
吸盤を少し引っ張ってみて以下の画像のような隙間ができるのであれば作業を続けますが、かなり力を加えなければ動きそうもないようであれば、追加で専用の分解ツールの購入を検討した方が良いと思います。
結線を切断してしまうと他のパーツを買い直す羽目になったり、基盤の結合部分が壊れたりしたら出費の額がかなり上がってしまいます。

一回、フロントパネル部分を開けると二度目からは比較的簡単に開けるようになります。
実際、二回目は写真のように吸盤で開けました。
Web上に出ている分解の動画は同様に既に分解済なので簡単に開けているのかもしれません。

うまく隙間ができたらイヤホンの上に対応するフロントパネル部分に0.5mm程度のクボミがあるので、

iPhoneのフロントパネルを吸盤で引っ張り隙間を作る

A そのクボミにテコ(小)を差し込みます

吸盤で開いたiPhoneの隙間にテコを差し込む

差し込んだ場所がどうなっているか気になる人もいるかと思うので最初に公開します

テコを差し込んだ位置の構造が把握できる写真

下の本体側の A の箇所はイヤホンのパーツがありますがむき出しになった基盤などは無いです。

iPhoneの下側(本体側)の構造

フロントパネル側の A の部分はほぼプラスチックです。
奥に金属部分もありますが、テコの先は3mm程度なので届きませんし安心してテコを入れることができます。

iPhoneのフロントパネル側の構造

隙間さえ開ける事ができれば、テコを入れて、本体のヘリに当ててフロントパネルを持ち上げる感じで隙間を大きくし、反対側にもテコを入れます。

ホームボタンの場所は(上の画像の通り)金属がむき出しになっており、力を加えることで不具合が起きる可能性があるので真ん中に工具を入れないように注意!

テコを使ってiPhoneの隙間を大きくし、もう一本テコを差し込む

ある程度、分離できれば吸盤を引っ張りフロントパネルを外すこともできると思いますが、結線があることを忘れずに最初は丁寧にスパッジャーなどを使って隙間を広げつつ分解しましょう。

スパッジャーを使って丁寧にiPhoneのフロントパネルを分離

フロントパネルを開けることができるとiPhone5、iPhone5cはここまで開く事ができます。

iPhone5、iPhone5cは約90度までフロントパネルを開く事ができる

iPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plusはここまでしか展開することができません。

iPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plusは4cm程度しかフロントパネルを開けない

使った工具セット

↑レビューを見ると品質にバラつきがあるようです。
不安な人はドライバー関連は良いものを探した方が良いかも。
↓星型ドライバーでこんなモノもあるようです。

iPhoneのフロントパネルを外すツールを使うコツをまとめる前に、そもそも何で専用のツールを推奨するかというと、初めてiPhone5とiPhone5sのフロントパネルを開けた時、(自分の場合)かなり硬く接着されているように感じました。

下図のように片手で本体側を固定するので、力が加えられるのは片手だけとなり、思うように力が加えられませんでした。
一回開くと写真のように吸盤でも少し開けやすくなるのですが・・
iPhoneのフロントパネルを吸盤で開けるのは難しい

もっと強く力が加えられるように両側に吸盤をつける方法もありますが、引っ張りすぎて断線させてしまう恐れがあります。
吸盤を表裏に吸着させiPhoneのフロントパネルを外す

iPhone5やiPhone5cは上部に配信がありますが、下側(ホームボタン側)は90度近くまで開きます。
大きく開いても、強く引っ張りすぎて上部の結線を切断してしまう可能性はもちろんあります。

iPhone5やiPhone5cでフロントパネルを外した場合

ただiPhone5s/6/6 plusなど指紋認証のある機種は大きく開く下側(ホームボタン側)でさえ4cmほどしか開きません。

iPhone5sやiPhone6/6 plusでフロントパネルを外した場合

両側から吸盤で引っ張れば,十分に力を加えることはできますが左右2cm以上動かさないように力をコントロールするのは難しいと思います。

ここで吸盤を使ってiPhoneのフロントパネルを開けるのは無理だと感じ諦めました。
Web上で吸盤を使ってフロントパネルを外している人もいるので絶対無理だとは思いませんが、安心して作業したい場合は、やはり専用のツールがお薦めです。

今回iPhoneのフロントパネルを外す為に利用したツールは以下のモノです。
吸盤を使わないと言いつつ、吸盤の付いたツールですが・・・

そんなに高いものではないので分解に失敗した時の損害を考えると購入の価値は「あり」だと思います。

このツールを使った場合も多少のコツがあるので、それも含めて少し説明します。

iPhoneのフロントパネルを外す手順

まずはiPhoneの右上のスリープ/スリープ解除ボタンを長押しし、スライドで電源をオフにします。

ライトニングケーブルの接続口の左右にあるネジを外します。
※使用するのは星型ドライバーです。

星型ドライバーでiPhoneのネジを外す

ネジは無造作に置かずに、どこのネジをどこに置いたか分かるようにしておきます。

iPhoneから外したネジの場所を覚えながら無くさないように保管

このツールにはiPhoneを固定する土台が付属してきます。
装着すると以下のイメージに

iPhoneをフロントパネル分離ツールに固定する

土台にはめてiPhoneを吸着させると比較的iPhoneのセンター近くに吸盤がきます。

フロントパネルが硬く接着されている場合、強い力を加えると吸盤の塩化ビニールが伸びます。
しかも液晶のガラス部分や背面の素材もセンター近くでは引っ張られると多少曲がるので力が伝わりにくく、液晶素材を痛める可能性も出てきます。

iPhoneのセンター付近に吸盤を吸着させると力が伝わりにくい

そこでiPhoneの固定用土台は使わずに吸盤の位置は 1 左下側に吸着させます。
吸着させた時、吸盤が表裏で場所(高さ)がずれていないか確認して下さい。
iPhoneの左下に吸盤を吸着

1 1回目に力をいれた時、左隅にクボミが見えたら、そこにテコを差し込みます。

iPhoneのイヤホンの上のクボミにテコを差し込む

もしフロントパネルが硬くて接着していて まだ開かないようであれば吸盤の位置を変えてみます。
上のイラストのように 2 右側で力を加え、3 左側に戻して再び力を加える・・この作業をテコが入るまで繰り返していきます。

テコが左右に入れば後はグリップを強く握れば開くとは思いますが、最初はあくまでも慎重にサイドはスパッジャーやテコを側面に挿し直したりして ゆっくりと。

テコやスパッジャーを使ってiPhoneのフロントパネルを慎重に分解

半分くらいまできたらグリップを握って開けても問題ないと思います。
開いたときの勢いで上部の配線が心配なようであれば、上部に軽く手を添えておくと安心です。

吸盤の吸着位置(=ホームボタン側)さえ間違っていなければ、グリップを強く握っても配線が切れるほど開かないようになっています。

iPhone分解ツールのグリップを握りきってもiPhoneの結線が切れる事はない

最初にして最大の難関、iPhoneのフロントパネル外しは、ツールを使ってこの手順で行うのがお薦めです。

「故障したiPhoneを自分で分解,修理するには」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

  1. iPhone5sのイヤホンが中で折れてしまいました。自分で修理するにはどうすらばいいですか?またするときの注意点はなんですか?

    あゆか 12月 22, 2016 11:53 pm 返信
    • 工具の購入と部品の購入が必要になります。
      iPhone5sは指紋認証用のケーブルがあるので、本体を開くときにケーブルを切らないように注意して下さい。
      それからネジは微妙に長さが違うものが多いので混ざらないように注意。
      最後に重要なのはバックアップをとっておき、「自分で直せなかった時に新しいiphoneに買い替える・・その前に興味があるので分解してみる」
      ・・という気持ちが無ければ開けない方が良いと思います。

      管理人 12月 25, 2016 2:51 am 返信

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る