Safariの設定について

Safariの設定(検索エンジン/セキュリティ等)
iPhoneでWebページの閲覧をする設定をカスタマイズします。
例えば
・検索エンジン
・自動入力(ID、パスワードの保存)
等が設定できます。
いろいろな設定内容の内、知っておくと便利な基本的な設定だけ解説します。



iPhoneのSafariの設定を行なう場合[設定]アイコンから

iPhone 設定 アイコン
Safariを選択
iPhoneのSafariの設定を行なう

Safariでよく使う検索エンジンを指定

iPhoneでSafariの詳細設定

Safariで検索をした時に、ここで指定した検索エンジンがメニューに表示されます。

例えば以下のように検索エンジンで[Google]を設定した状態で[apple]を検索した場合、[Google検索]の下の[apple]をタップするとGoogleでappleを検索した結果が表示されます。
iPhoneのSafariで検索エンジンをGoogleで指定した場合

Yahoo!を指定した場合も同様に以下のように表示されます。
iPhoneのSafariで検索エンジンをYahoo!で指定した場合

Safariのパスワードと自動入力の設定について

iPhoneのSafariでパスワードと自動入力の設定を行う

2 パスワードと自動入力

ユーザー名とパスワード、クレジットカード情報を覚えさせ入力を簡単にする事ができます。
利用したい場合はスライダを右にし緑の常態に

iPhoneを他の人に貸したりする人は、面倒でもオフにしておき、その都度,入力した方が良いと思います。

iPhoneを貸したりしない場合でも、会員制Webサイト等に簡単にログインできるとiPhoneを紛失した際に悪用される恐れがあります。
iPhoneのパスコードロック は設定しておく事をお勧めします。

iPhone ユーザー名とパスワードを自動入力

Safariのお気に入りについて

iPhoneでWebページをブラウズ中にブックマークをする場合、デフォルトで保存したい場所を指定しておくことができます。
※あくまでもブックマークしようとした際に、最初に表示される保存場所であって、都度ブックマークフォルダは指定し直す事はできます。
Safariの[お気に入り]のブックマーク デフォルト保存先を設定

Safariのプライバシーとセキュリティについて

Safariでプライバシーとセキュリティについて[iPhoneの使い方]

Cookieをブロック

クッキーは自分の入力情報などを暗号化して保存しています。
WEBメールなどのログイン画面でユーザ名を入力したらパスワードを自動的に補完してくれるます。

Cookieについての補足/引用

Cookie は、同じ訪問者がアクセスしてきたときに Web サイト側でその訪問者を見分けられるようにするために、Web サイトがデバイス(iPhone)内に残す情報の一部です。
これにより、訪問者が設定した情報などに基づいて、Web ページをカスタマイズできるようになります。

例えば検索結果を表示した際に[このページに ○ 回アクセスしています。前回のアクセス: **/01/01]のように表記されるのはクッキーで前回のアクセスを管理されているからです。

設定は上を選択するほどセキュリティが高く、下側ほどセキュリティが低くなります。
Safariのクッキーのブロックを範囲を指定する


iPhoenで詐欺サイトのメッセージが消えなくなってしまった場合

Safari上で電話を促すメッセージが表示され、メッセージが消えなくなる詐欺サイトがあるようです。

対処法は以下の通りです。

まずはホームボタンをダブルタップ
詐欺サイトのメッセージを消すためSafariを終了させる

Safariのサムネイル(縮小されたイメージ画像)を上にスワイプし、Safariを終了させます。

iPhone5のリーディングリストの設定

履歴とWeb歳とデータを消去をタップ

履歴とWeb歳とデータを消去をタップ

[履歴とデータを消去]の確認メッセージが現れます。
[履歴とデータを消去]の確認メッセージが表示

「Safariの設定について」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る