新しいPCにiTunesのデータを移行する手順

新しいPCにiTunesのデータを移行する手順|iPhoneの使い方
パソコンを買い替えた場合、iTunesのデータをコピーし新しいPCにデータ移行すれば、新しいPCと同期し直しても、今まで同様iPhoneに音楽などのデータが利用できる状態になります。
新しいPCへのデータ移行手順を初心者にも分かりやすく解説。



旧PCのiTunesの移行したいデータの保管場所を確認する

移行前の古いPCでiTunesを起動します。
iTunesを起動
[編集]の[設定]を選択
古いiTunesを起動し[編集]の[設定]を選択
[詳細環境設定]ウィンドウが開いたら[詳細]タブを選択。
[iTunes Media]フォルダの場所に記されている場所にミュージックやブック、着信音などのデータが保管されています。
そのデータの保管場所を覚えておき、HDDやフラッシュメモリなどの外部記憶装置にコピーします。
旧PCのiTunesの移行したいデータの保管場所を確認
「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックがされているとCDなどから音楽をインポートした時に、[iTunes Media]フォルダに音楽データが保存されます。

ただし、チェックがついていなかった場合、[iTunes Media]フォルダ以外に音楽が保存されている可能性があるので以下の操作を行います。

旧PCのiTunesが管理している音楽データ等(ライブラリ)を整理する

1[ファイル]
2[ライブラリ]
3[ライブラリを整理]
旧PCのiTunesが管理している音楽データ等(ライブラリ)を整理
[ライブラリを整理]ウィンドウが立ち上がったら[ファイルを結合]します。
[ライブラリを整理]ウィンドウが立ち上がったら[ファイルを結合]

旧PCからiTunesのデータの容量を確認しHDDやフラッシュメモリを用意

先ほどの[iTunes Media]フォルダの場所を開きます。
通常、設定変更されていない場合は[ミュージック]フォルダ内になるので、Windows10の「ミュージック」フォルダで説明します。

1Windowsボタン
2[PC]を選択
旧PCのミュージックを開く

3[ミュージック]フォルダを開きます
[ミュージック]フォルダを開く
「iTunes」フォルダを右クリックし、プロパティを開きます。
「iTunes」フォルダを右クリックし、プロパティを開く
iTunesフォルダのデータ移行に必要なHDDやフラッシュメモリの容量を調べます。
iTunesフォルダのデータ移行に必要なHDDやフラッシュメモリの容量をチェック
そのiTunesのデータ移行に必要な容量に合わせてHDDやフラッシュメモリを準備します。

旧PCのiTunesのライブラリデータをコピーする

iTunesのデータ移行用に用意したHDDやフラッシュメモリを旧PCに接続します。
iTunesのデータ移行用に用意したHDDやフラッシュメモリを旧PCに接続
先ほどのミュージックフォルダにあった[iTunes]フォルダをHDDやフラッシュメモリにコピーします。
ミュージックフォルダにあった[iTunes]フォルダをHDDやフラッシュメモリにコピー
これでデータの移行準備は完了。



Apple IDの認証を解除

Apple IDが利用できるデバイス数は限度があるので、今後利用しないPCなのであれば、Apple IDをサインアウトし、Apple IDの認証されたデバイスから解除します。

旧PCのiTunesからApple IDの認証を解除

旧PCのiTunesを立ち上げて[アカウント]から[認証]から[このコンピュータの認証を解除]します。
旧PCのiTunesを立ち上げて[アカウント]から[認証]から[このコンピュータの認証を解除]

Apple IDの認証されたデバイスから解除する場合

PCが手元にない場合や初期化してしまって旧PCからiTunesを起動できない場合は以下の方法でApple IDの解除が可能です。
→ Apple IDを管理 のページにアクセス
Apple IDとパスワードを入力。
Apple IDを管理のページにログイン
多くの人はiPhoneに確認コードが表示され、その6桁の数字を入力する必要があります。
※PCからログインしようとした場合、PCにはGPSがないので自分の住所とは程遠い住所と地図が表示されるかもしれませんが、タイミング的に問題が無ければ操作を進めて下さい。

Apple IDのデバイス欄にある旧PC名をクリックし、認証を外すために「削除」をクリック
Apple IDを管理のページから旧PCの認証を解除
これで旧PCのApple IDの認証が解除されました。



新しいPCにiTunesのデータをコピー・移行する

まず新しいPCにiTunesをインストールします。
→ iTunesのダウンロード

新しいPCにiTunesのデータをコピーしたHDDもしくはフラッシュメモリを差し込みます。
新しいPCにHDDかフラッシュメモリを差し込む

新しいPCにデータ移行する場合、
1【新しいPCのミュージックフォルダ】にiTunesのデータをコピーする
2新しいPCに【外付けのHDDを接続したまま】iTunesのデータを管理する
という2つの方法があります。
データを外付けのHDDに保存しておくとPCが故障した場合や買い替え時期にデータ移行の手間が省けるので、可能であれば外付けのまま管理した方が便利だと思います。まずは、

新しいPCのミュージックフォルダでiTunesのデータを管理

新しいPCだけでiTunesのデータを管理するには、HDDにコピーした[iTunes]フォルダを新しいPCのミュージックフォルダにコピーします。
HDDにコピーした[iTunes]フォルダを新しいPCのミュージックフォルダにコピー
「ファイルの置換またはスキップ」ダイアログが表示されます。
インストールしたてのiTunesには大切なデータがないので[ファイルを置き換える]で良いです。
「ファイルの置換またはスキップ」ダイアログが表示

ライブラリを復元しながらiTunesを起動する

iTunesのプレイリストなどの情報を保持したままライブラリを復元するにはShiftを押しながらiTunesを起動します。
iTunesを起動
iTunesライブラリの選択ダイアログが表示されるので[ライブラリを選択]をクリック
iTunesライブラリの選択ダイアログが表示されるので[ライブラリを選択]をクリック
先ほどミュージックフォルダにコピーした[iTunes]フォルダ内に[iTunes Library.itl]があるので選択します。
これで、旧PCのデータが新PCに移行された状態で起動されます。

ミュージックフォルダにコピーした[iTunes]フォルダ内に[iTunes Library.itl]があるので選択

新しいPCに外付けのHDDを接続したままiTunesのデータを管理

PCの買い替えや故障した時の為に、今回コピーしたHDDをデータの保管場所として使う方法を説明します。
先ほどの操作同様iTunesのプレイリストなどの情報を保持したままライブラリを復元するにはShiftを押しながらiTunesを起動します。
iTunesを起動
iTunesライブラリの選択ダイアログが表示されるので[ライブラリを選択]をクリック
Tunesライブラリの選択ダイアログが表示されるので[ライブラリを選択]をクリック
旧PCからコピーしたHDDの[iTunes]フォルダ内に[iTunes Library.itl]があるので選択します。
旧PCからコピーしたHDDの[iTunes]フォルダ内に[iTunes Library.itl]があるので選択
これで、旧PCのデータが新PCに移行された状態で起動されます。

今後iTunesに音楽を追加した際の保管先を変更しておく

HDDに音楽を含めたiTunesのデータを保管するのであれば、今後の保存場所を指定しておく必要があります。
※この操作を忘れてしまうと、旧PCのデータを外付けHDDで管理、移行追加した音楽ファイルなどは新PC内のミュージックフォルダに・・とデータが分かれてしまいます。

iTunesの1[編集]から2[設定]を選択。
iTunesの[編集]から[設定]を選択

[詳細環境設定]ダイアログが表示されるので3[詳細]タブ
4[変更]から外付けHDDを選択
5「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックする事でCDから音楽データをインポートする時に外付けHDDにコピーされるようになります。
iTunesに音楽を追加した際の保管先を変更

「新しいPCにiTunesのデータを移行する手順」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

  1. すばらしい!
    認証の解除、Shiftを押しての起動などまで解説してるところは、他では見ませんでした。
    おかげさまで新しいPCにそっくりそのまま移行出来ました。感謝~

    alias 2月 6, 2017 12:11 pm 返信

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*



ページのトップへ戻る