iPhoneのメールとメッセージについて

iPhoneのメールとメッセージについて

iPhoneのメールアドレスについて

日本のキャリアでiPhoenを購入した場合、各キャリアからメールアドレスの取得が可能になります。
@docomo.ne.jpアドレスはメールAppでしか設定できませんが、@ezweb.ne.jpメッセージApp,メールAppのどちらでも設定が可能です。
Softbankに関してはメッセージappに設定する@softbank.ne.jpとメールappに設定する@i.softbank.jpの2つのアドレスが取得可能です。
以上の事を踏まえて、メッセージ、メールappの違いと使い分けを簡単に説明しようと思います。



メールとメッセージ(MMS)について

メッセージappに設定されるアカウントはMMSとして利用されます。
MMSはMultimedia Messaging Serviceと言われる仕組み。

携帯電話の登場初期にSMS(short message service)という電話番号宛に短いテキストメッセージを送る仕組みが開発されました。
そのSMSではテキストしか送れませんでしたが、カメラ付き携帯の登場から写真を送れるようにしたり、PCにもメッセージが送れるように考案されたのがMMSです。
一般的なPCで利用するメールとMMSとの違いは制限内容です。
もともと携帯用に規格されたMMSはPCよりもスペックが劣っているため、MMSでのメッセージは送信できる容量が大幅に制限されています。

iPhoneの場合のメールとメッセージ(MMS)の違い

メールappに設定されたアドレスは、以下のようにメールAppで送受信され、添付できる内容も種類も多く規格されています。
iPhoneのメールappの利用イメージ

一方、メッセージappに設定された場合は、以下の様にチャット風にフキダシでメッセージのやり取りが行われます。
iPhoneのメッセージappの利用イメージ

この点から、softbankのアドレスの場合はしっかりした文面で送りたい場合はメールappの@i.softbank.jpを利用し、フランクな短文のメッセージのやり取りの場合はメッセージappの@softbank.ne,jpという使い分けを考えてみても良いかもしれません。
auユーザーは、丁寧な文面を主に使うか、フランクなやり取りが多いかで@ezweb.ne.jpアカウントをどちらに設定するかを考えれば良いかと・・。
ただ、以下の点にはご注意を

メッセージappを多用する場合の注意点

メッセージappを使って相手にメッセージを送っていても、相手側が受けているappは必ずしもメッセージappとは限りません。
MMSアドレスからPCのメールアドレス宛に受け取った場合、短文をメールで受信している可能性もあります。
iPhoneのメッセージappをメールで受信

逆に相手が「メールアドレスなので」長文でも平気と思って送ってきたメールやメルマガをメッセージAppで読むのはかなり辛いものがあります。
iPhoneのメッセージappで長文を読むのは苦痛
通常、多用するのはメールappの方が無難かと思います。

「iPhoneのメールとメッセージについて」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る