App Storeが無くなった時の対処

iPhoneのメールアプリが無くなった時の対処

メールアプリが消えたかの確認

まずは本当にApp StoreがiPhoneから消えたかを確認します。
確認はiPhoneのSpotlight検索で探してみます。



まずホーム画面から左からフリップ。
iPhoneのホーム画面から左からフリップ
上のSpotlightの検索窓から[メール]を入力し検索してみます。
上のSpotlightの検索窓から[App Store]を入力し検索
検索結果にApp Storeのアイコンが表示されたので、この状態ではiPhoneの中にメールアプリは残っていることになります。
Spotlight検索でメールアプリが表示されればiPhoneに存在しているという事

App StoreがSpotlight検索で見つからなかった場合

Spotlight検索した結果でメールアプリが見つからなかった場合、App Storeは削除できないアプリなので機能制限で新しいAppのインストールに制限がかかっているために消えている可能性が高いです。

Appの新規インストールに制限がかかっていないか確認

まずはiPhoneの[設定]
iPhone 設定 アイコン
[一般]
iPhoneの設定から一般を選択
[機能制限]が[オン]になっていたら制限がかかっているためにApp Storeアイコンが消えている可能性がかなり高いです。
[機能制限]が[オン]になっていることを確認
[機能制限]のパスワードが分かっていれば、[機能制限]をタップしパスコードを入力します。
※iPhoneのパスコードとは別のパスコードです。(恣意的に同じにしていなければ)

A[機能制限]自体を解除するか
B[機能制限]でAppのインストール権限が外れているのを[オン]に戻します。
[機能制限]を解除するかAppのインストール権限をオンに
これでApp Storeアイコンが再表示されるはずです。

「App Storeが無くなった時の対処」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る