家族がダウンロードしたアプリがインストールされる

家族がダウンロードしたアプリがインストールされる
デバイスでアプリをダウンロードすると、同じApple IDを設定している他のデバイスにも自動でアプリがダウンロードされる設定があります。
便利なツールなどは各デバイスにあっても良いのですが、家族間で誰かがダウンロードしたアプリや、iPhoneでは使いたいがiPadやiPod touchではインストールしたくないアプリなど、使っていくうちに勝手にインストールされたくないケースが増えてくると思われます。
同じApple IDのデバイスでダウンロードしたアプリの(他デバイスへの)自動インストールをオフにする方法について説明ます。



iTunesからアプリを自動でダウンロードしない設定にする

まずは他のデバイスでアプリがダウンロードされた時に、自動でアプリをインストールしたくないiPhoneをiTunesにつなぎます。
iPhone カレンダー アイコン
iPhoneボタンをクリック
iTunesのiPhoneボタンを押して同期設定画面へ
Appを選択し、[新しいAppを自動的にインストール]のチェックを外します。
iPhoneのappを選択し[新しいAppを自動的にインストール]のチェックを外す

iPhoneからアプリを自動でダウンロードしない設定にする

他のデバイスでダウンロードしたアプリをインストールしたくないiPhoneで[設定]を開きます。
iPhone 設定 アイコン
[iTunes StoreとApp Store]を選択
iPhoneの設定から[iTunes StoreとApp Store]を選択
自動ダウンロードの項目から[App]をオフにします。
iPhoneの自動ダウンロードからAppをオフに
少し話がそれますが、他のデバイスで購入したミュージックやブックとオーディオブックを、このデバイスに自動でダウンロードしたくない場合は、この項目もオフにしておくと良いと思います。
アップデートは、App Storeに新しいVersionのものがあった場合、Wi-Fiがつながっていると自動でアップデートしてくれる機能です。
これはオンでも良いかと思います。



デバイスでダウンロード(購入した)アプリをiTunesに自動で保存する設定

これも少し話がそれてしまいますが、iPhoneなどのデバイスから直接アプリを購入した場合、iTunesに自動的にアプリをダウンロードしておく機能があります。
AppleIDにアプリの購入・ダウンロード履歴は残っているので必ずしもダウンロードする必要は無いのですが、iPhoneを復元する場合などはiTunesにアプリがダウンロードされていた方が高速に処理できます。
一応、知識として。

iTunesの[編集]→[設定]
iTunesの[編集]→[設定]を開く
[ダウンロード]を選択し、同じApple IDで購入したコンテンツやアプリがあった場合、自動でダウンロードしたい項目を選択します。
同じApple IDで購入したコンテンツやアプリがあった場合に自動でダウンロードしたい項目を選択

「家族がダウンロードしたアプリがインストールされる」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*



ページのトップへ戻る