iMessageの送信ステータスについて

iMessageの送信ステータスについて|iPhoneの使い方
iPhoneのメッセージアプリでiMessageを送った際に、メッセージのステータス表示で送信済み、開封済み、(受信拒否)などの状態を確認することができます。
これらの表示は相手側のiMessageの設定によって異なります。



iPhoneからiMessageが送った際のステータスについて

iPhoneからiMessageを送った際は、以下のようなステータスがあります。
iPhoneからiMessageを送った時のステータスについて
1未配信
2配信済み
3開封済み
4(ステータスなし)→拒否

iPhoneからiMessageが配信できない場合

メッセージアプリからiMessageを送ろうとした際に[未配信]と出た場合で、インターネット環境の状態など、こちら側に問題がない場合は相手側の設定に問題があります。
iMessageを送ろうとした際に[未配信]はiMessage機能がオフ
[未配信]と表示された場合は拒否されているわけではありません。

メッセージを受信する側(相手側)の[設定]が
iPhone 設定 アイコン
[メッセージ]
iPhone の設定からメッセージを選択
[iMessage]がオフになっていて、且つA[SMSで送信]もオフになっている可能性が高いです。

A[SMSで送信]がオンになっていれば、iMessageでは送付できなくてもSMS(電話番号でテキストを送る仕組み)が代用され届くはずです。
[未配信]は相手のiMessage機能がオフになっている
iMessageでやり取りを行いたい場合は、相手にiMessageをオンにするよう依頼しなければ送れるようになりません。

iMessageとSMS、MMSの違いについて

相手のiPhoneに届いた場合のステータス

まずこちらから配信し、正しく送信された場合は[配信済み]と表示されます。
相手にimessageが正しく送付された場合は[配信済み]と表示
メッセージを受信する(相手側のメッセージ設定で)[開封証明を送信]がオンになっていた場合
相手の[開封証明を送信]の設定によってステイタスが変更
(相手が)メッセージを開いた時に
相手にメッセージが届きアイコンバッジに数字が表示
コチラのメッセージのステータスが[送信済み]から[開封済み]に変更になります。
[開封証明を送信]がオンになっていたら[開封済み]に変わる
相手の[開封証明を送信]がオフになっていた場合は、[送信済み]のまま表記は変わりません。

iMessageが拒否されている場合

iMessageは連絡先から拒否設定することができます。

→ iMessageの拒否設定

拒否設定すると[配信済み]や[開封済み]などのステータスも[未送信]のステータスも表示されません。
iMessageのステータスが表示されない時は拒否されている
相手にもメッセージは届いていませんし、拒否したという履歴も残りません。

「iMessageの送信ステータスについて」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る