iPhoneのメモの保存先を移動する

iPhoneのメモの保存先を移動する

iPhoneのメモを移動したいケースは

iPhoneのメモはメールアカウントの設定と連動して保存されています。
したがってiPhoneの買い替えの際にdocomo,au,softbankなどのサーバーにメモが保存されているとキャリアを変更する際にメモのデータが消えてしまいます。
これはiPhoneのバックアップをiTunesで保存されていても、iCloudでバックアップしていても同様に消えてなくなってしまいます。



※iTunes,iCloudでバックアップするデータはあくまでもiPhone内に保存されているデータなので、外部のサーバーに保管されたデータは保管されている場所と、そのデータにアクセスするための情報だけを保管しています。
その保管場所にアクセスしようとした際に、キャリアの変更でアクセスできなくなってしまったらメモ自体が読み込めないという事態に陥ってしまいます。

またiPhoneの本体にメモを保存している場合、本体の故障やメモappの障害などでデータが無くなってしまう恐れがあるのであまりお勧めしません。
機能が充実したiCloudにメモ機能をまとめて、データを一括管理することをお勧めします。

これらのメモをiCloudにまとめようとした際に、わざわざメモの内容を打ち直さなくても移動することができます。

iPhoneのメモの移動の注意点

全てのメモ(gmailや各キャリアのメモ)は「iCloudのメモ」か「iPhone本体のメモ」には移動できますが、gmailや各キャリアのメモに移動し集約することはできません。つまり・・

◎ gmailや各キャリアのメモ → iCloudのメモ
◎ gmailや各キャリアのメモ → iPhone本体のメモ
× iCloudのメモ → gmailや各キャリアのメモ
× iPhone本体のメモ → gmailや各キャリアのメモ

iPhoneのメモの移動手順

まずは移動先のiCloudのメモ機能がオンになっている必要があります。
[設定]から
iPhone 設定 アイコン
iCloudを選択し
iPhoneの設定から[メモ]の利用をオン/オフする

[メモ]がオンになっていることを確認します。
iPhoneの設定から[メモ]の利用をオン/オフする

メモappを起動

iPhone メモ アイコン
移動したいドコモメールのメモやiPhoneに保存されたメモを選択。
移動したいドコモメールのメモやiPhoneに保存されたメモを選択
[編集]
メモを選択し「編集」
保存されているA[すべてを移動]するか
1移動したいメモにチェックを付け、2個別に[移動]するか
メモを指定して移動する
※今回のサンプル画像はメモが1件なので動作的には同じですが、メモが大量にある場合、取り敢えずまとめて[iPhoneに保存されていたメモ]フォルダに入れておく・・とか、似たようなメモを複数チェックしiCloudの既存のフォルダに保管する・・などによって使い分けて下さい。

メモの移動先を指定

移動するメモの3フォルダを指定します。
メモの移動先のフォルダを指定
4新規フォルダを選択すると、名前を入力するためのウィンドウが立ち上がります。
新規フォルダを選択すると、名前を入力するためのウィンドウ

「iPhoneのメモの保存先を移動する」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る