紛失した時のために[iPhoneを探す]をオンに

[iPhoneを探す]について

[iPhoneを探す]設定がされているか確認する手順


ホーム画面の設定アイコンをタップします。
iPhone 設定 アイコン
iCloudをタップします。
iPhoneの設定からiCloudを選択

iPhoneの登録過程でiCloudの設定を行っていない人は、以下の画面になります。
iPhoneからiCloudにサインイン

登録しているApple ID(アドレス)とパスワードを入力し、「サインイン」します。
まだApple IDを持っていない人は下部の[無料のApple IDを作成]から

[設定]→[iCloud]→[iPhoneを探す]をタップ

[設定]→[iCloud]→[iPhoneを探す]をタップ

「iPhoneを探す」をオンに
「iPhoneを探す」をオンに

[iPhoneを探す]のアラートが出るので[許可]を押下
[iPhoneを探す]のアラートが出るので[許可]を押下

必須ではありませんが、一応バッテリーが無くなる直前に在り処を送信するように[最後の位置情報を送信]をオンにしておいた方が良いかと思います。
iPhoneの[最後の位置情報を送信]をオンに

[iPhoneを探す]でできる事


iPhoneをなくした際、iPhoneの在りかを探すにはiCloudにログインする必要があります。
※以下のキャプター画像はパソコンからログイン/操作したものです。

【 iCloud 】 ←ログイン

iPhoneで設定したApple IDとパスワードでログイン



iCloudにログイン

ログイン後、[iPhoneを探す]アイコンをタップ


iCloudログイン後、[iPhoneを探す]アイコンをタップ

[iPhoneを探す]に利用するために再度パスワードの入力が必要になります。

[iPhoneを探す]に利用するために再度パスワードを入力

上部の[すべてのデバイス]をタップすると同じAppleIDで登録されているAppleデバイス(iPod touchやiPad、iPhone等)が全て表示されます。

探したいデバイス(例えばiPhone)をクリックすると在りかが地図のセンターあたりに●印で表示されます。
●印をクリックするとiPhone名と[ i ]アイコンが表示されます。


iPhoneのある場所が地図上で表示される

[ i ] アイコンをクリックすると右上にメニューが表示されます。

iPhoneのある場所が地図上に表示される


iPhoneのある場所が地図上で表示される

1 サウンドを再生をクリックすると、デバイス(例えばiPhone)から警告音が鳴り、回りに注意を喚起でき、誰かに発見してもらいやすくなります。

iPhoneの画面上は以下のように。

iPhoneでサウンドを再生し周囲に注意を促す

iPhoneで警告音を鳴らした場合

2 紛失モード

iPhoneの画面上にメッセージや連絡先(電話番号)を表示する機能です。

電話番号を入力(しなても)「次へ」をクリックするとメッセージ作成画面に切り替わります。
※紛失したiPhoneの電話番号を入力しないよう注意!


iPhoneを拾った人に電話してほしい番号を入力

iPhoneの画面上に表示するメッセージを入力。

iCloudの紛失モード メッセージ入力画面

[完了]を押すと、以下のようになくしたデバイス(例えばiPhone)の画面に作成したメッセージが表示されます。

ロック画面ですが[発信]ボタンで入力した電話番号に電話することができます。

iPhoneのロック画面上にメッセージを出し、電話を貰うことも可能

iPhoneの画面上に設定したメッセージが表示される

3 iPhoneの消去

コンテンツや設定が削除されます。
これ以降位置情報や履歴も見れなくなるので、発見を諦めた時のデータの削除だけはしたいという最終手段ですかね。

どうしても見つからない場合は個人情報を守る意味でデータの消去を


iPhoneのデータの削除

「紛失した時のために[iPhoneを探す]をオンに」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る