セキュリティ上ロック中のSiriの利用を制限

ロック中にSiriの利用を許可する事のリスク

iPhoneにはSiriという音声で操作を補助する機能があります。
この機能はとても便利ですが、ロック画面中でもSiriの利用を許可したままではセキュリティ上のリスクが伴います。

iPhoneのロック中にSiriの利用を許可するリスクについて


例えばロック中にホームボタンを長押しし、Siriを起動。
よくある苗字(例えば)[鈴木さん]と発音すると
iPhoneロック中にホームボタン長押しでSiriを起動

iPhoneの連絡先の中からSiriが[鈴木さん]一覧を表示してしまいます。
SiriがiPhoneの連絡先の中から該当する人物を一覧表示

さらに特定の個人をタップすると連絡先に登録されている電話番号、メールアドレス等も表示できてしまいます。
一覧から特定の人物の個人情報を表示させる事ができてしまう

iPhoneのロック中にSiriの利用を禁止する方法


ホーム画面から[設定]アイコンをタップ
iPhone 設定 アイコン
Touch IDとパスコードを選択
iPhoneの設定から[Touch IDとパスコード]を選択

パスコードの入力が求められます。
iPhoneで設定したパスコードを入力

ロック中にアクセス許可欄の中の[Siri]をオフにします。
※iPhoneを放置気味な人はメッセージで返信や他の項目もオフにした方がよいかもしれません。
[ロック中にアクセスを許可]でSiriをオフに

Siriは利用していくうちに学習されていくのでとても便利です。
例えばSiriに「彼女にメール」と話しかけると

まず
「あなたは誰?」→ 連絡先(アドレス帳)から指定しSiriに学習させる
「ガールフレンドは誰?」→ 連絡先(アドレス帳)から指定

この操作が完了すると次からは「彼女にメール」と話しかけるだけで宛先指定までの操作を行ってくれます。

逆に言うと学習された後、ロック中でも「私は誰?」で自分の情報が表示され、「彼女にメール」等の操作ができてしまうという事になります。
※メール送信は宛先指定後も「タイトルは?」「本文は?」等、Siriだけで操作を完結できてしまいます。

「セキュリティ上ロック中のSiriの利用を制限」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る