日本語かなキーボードを素早く入力するコツ

iPhoneで入力する文字をスライドして指定する
iPhoneでの「日本語かな入力」方法の説明。

1 携帯電話(ガラケー)と同じ様に、繰り返しタップすることで目的の文字を入力することができます。



例えば「あ」を2回タップをします。
[あ]→[い]と入力できます。

複数回タップで日本語を入力する

[あ]→[い]と入力できます。

2 フリック入力

iPhoneにはフリック入力という入力方法があります。
例えば、「あ」を長押しすると、い~おが選択できるようになります。

iPhoneの日本語かなキーボードで長押ししてフリック入力

そしてそのまま指をスライドさせて、打ちたい文字を選択します。
iPhoneで入力する文字をスライドして指定する

説明と入力文字を把握するために長押ししてもらいましたが、長押しせずスライドさせるだけでも入力可能です。
※「い」を入力したい場合、「あ」を左にスライドさせます。

フリックでiPhoneの日本語入力をする

iPhoneで日本語かなキーボードでフリック入力

子音の位置関係は全て同じルールです。
母音と子音の入力が必要な日本語ローマ字入力や、日本語かな入力でも[あ]を2度タップして[い]を入力する場合と比較すると、約1/2のタップ数で文章を入力できるため、慣れると高速に文字が入力できるようになります。

「日本語かなキーボードを素早く入力するコツ」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る