パスコードをオフにする

Touch ID(指紋認証)|iPhoneの使い方
iPhoneのパスコードオフにして、パスコードの入力なしでロック状態を解除できるようにする方法を紹介します。
日常的にiPhoneを利用している人は連絡先などの個人情報、AppやiTunes Storeなどのコンテンツの購入など金銭に関わる部分や、最近では更にApple Payなどの決済機能も付与されてきているのでパスコードをオフにすることはあまりお勧めできません。
ただ今回、古いiPhoneをiPodのような音楽プレイヤーとしてしか利用しないなどの限定的な利用方法を考えている場合を想定してか、iPhoneのパスコードをオフにするには・・という質問が来ていたので手順をまとめます。



iPhoneのパスコードをオフにした時の影響

iPhoneのパスコードをオフにするとiPhoneが誰でも利用できるようになってしまうので、保存されている個人情報(連絡先含む)が簡単に見られてしまうだけではなく、Safariに保存されている情報(場合によってはクレジット番号なども)利用できてしまう恐れもあります。
更にパスコードをオフにするとTouch ID機能が同時に利用できなくなります。
Touch IDが使えなくなるとお金に関わるiPhoneの機能に制限がかかります。

まずはApp StoreやiTunes Storeでコンテンツを購入する時にApple IDのパスワードの入力が求められるようになります。

さらにApple Pay(もちろんSUICAを含む)が利用できなくなります
Apple Payを利用している場合はパスコードなしに設定してはトラブりますので設定変更はやめておきましょう。

iPhoneのパスコードをオフにする手順

iPhoneのホーム画面から[設定]をタップ
iPhone 設定 アイコン
[Touch IDとパスコード]を選択
iPhoneの設定から[Touch IDとパスコード]を選択
指紋の追加登録や削除・パスコードの設定変更には、現状のiPhoneに設定されているパスコードの入力が必要になります。
現状のiPhoneに設定されているパスコードを入力
[パスコードをオフにする]を選択する
[Touch IDとパスコード]から[パスコードをオフにする]を選択
先述の通り、iPhoneのパスコードをオフにするとSuicaを含むApple Payの機能が使えなくなります。
iPhoneを紛失した際に、Safariで入力したパスワードやクレジットカード情報、連絡先などの個人情報が誰でも利用できてしまうようになる旨のアラートが表示されます。
それでもオフにしたいのであれば[オフにする]を選択。
iPhoneのパスコードをオフにした時のリスクを表示したアラート
現在iPhoneに設定されているパスコードを再入力
iPhoneに設定されているパスコードを再入力
iPhoneのパスコードがオフになると、表示が[パスコードをオンにする]という表示に変わります。
iPhoneのパスコードがオフになると、表示が[パスコードをオンにする]という表示に



iPhoneにパスコードを再設定する

パスコードがオフになっているiPhoneを再度パスコードを設定する手順。
iPhoneの[設定]→[Touch IDとパスコード]から[パスコードをオンにする]を選択します。
iPhoneの[設定]→[Touch IDとパスコード]から[パスコードをオンにする]を選択
以前、登録した指紋がある場合は、その指紋を削除するか、残してそのまま利用するかが選択できます。
以前の指紋を削除するか、残してそのまま利用するかが選択
現在は数字6桁がデフォルトになっていますが、パスコードオプションで変更が可能です。
パスコードは数字6桁から変更が可能
パスコードは「桁数指定なしの英数」「桁数指定なしの数字」「4桁の数字」から選択できます。
パスコードは「桁数指定なしの英数」「桁数指定なしの数字」「4桁の数字」から選択
iPhoneのパスコードが再設定完了すると、表示が[パスコードをオフにする]に変わります。
iPhoneのパスコードが再設定完了すると表示が[パスコードをオフにする]に

「パスコードをオフにする」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*



ページのトップへ戻る