ロック中でも使える機能/設定について

iPhoneのロック中でも使える機能/設定について
iPhoneの待ち受け画面(ロック画面)から可能な操作や設定内容などを説明します。

iPhoneの待ち受け画面からの操作説明

iPhoneをすぐに使い始めたい場合は 4 の方向にフリック(左方向に指をスライド)すれば、ホーム画面(パスワード設定をしている場合は入力画面)に変わります。



2カメラを使いたい場合はカメラアイコンを上側にフリック

その他、ロック画面からの設定の切り替えや、日常的に使うツールは 1 のマークを上にスライドさせコントロールセンターの以下のメニューから

iPhoneのロック画面からコントロールセンター経由で行える操作

iPhone コントロールセンターを表示

A 機内モードのオン/オフ

B Wi-Fiのオン/オフ
※無線でのインターネット接続機能

C Bluetoothのオン/オフ
※近距離間での機器(キーボード、イヤホン等のBluetooth対応付属周辺機器も含む)の接続機能

D おやすみモードのオン/オフ
※夜間の着信音等設定をしておけばオン/オフがここから可能

E 画面の縦向きのロック オン/オフ
※iPhoneを傾けても、縦表示を固定する(横向きの画面に回転させない)


F 画面の明るさ調整


G 再生中の音楽の操作


H AirDrop機能のオン/オフ
※近距離間でのiPhone通しのデータ共有機能

iPhoneに搭載されたAirDrop機能について

AirDropの補足説明

例えば、友人が撮った写真を気に入って自分のiPhoneに送って欲しいと思った時に、写真の左下の[AirDrop]アイコンをタップ

写真をAirDropで他のiPhoneと共有

写真が選択された状態で「自動的に(近くにいる人が表示されない場合は)・・AirDropを有効に・・」と書かれています。

相手のiPhoneでAirDropを有効にしてもらう

で先ほどの H AirDrop機能をオンにすると

M オフ
N 連絡先(に登録された人)のみ(表示しデータの共有)
O (AirDrop機能が使える人)全員(に表示しデータの共有)
が選択できるようになります。

iPhoneでAirDropの共有範囲を指定

NOを選択すると(写真を共有しようとしてくれている)相手のiPhoneにあなたのiPhoneが現れます。
※認識されない場合、相手側のiPhoneがロック解除されているか確認してみて下さい。

送り主のiPhoneに送り先のiPhoneが認識

「タップしてAirDropで共有」してくれれば、相手のiPhoneにあなたが送った写真が届きます。

iPhoneでAirDrop経由で写真を受け取る

I 背面ライトのオン/オフ
J タイマー
K 電卓
L カメラの起動


ロック画面からスケジュールの確認ができる

ロック画面の 3 上部のマークを下側にフリックすると、カレンダーに登録されているスケジュールの確認ができます。

iPhoneのロック画面からスケジュール確認
上部にある[通知]ボタンをタップすると
未確認(未開封)のメッセージが確認する事ができます。

「ロック中でも使える機能/設定について」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る