音楽ファイルをMP3,AAC,WAV,Apple ロスレス等に変換

iTunesで音楽のフォーマットを変換
iTunesで既に取込んである音楽データをMP3,AAC,WAV,Apple ロスレス等の音楽フォーマットに変換する方法です。

※もともと持っている音楽データのフォーマットを変更した場合、音は劣化しても良くなる事はありません。
※変換した時にデータ量は大きくなる事もあります。
ですのでCDが手元にある場合は、フォーマットを指定し直しインポートする方が良いです。
→ iTunesにCDから音楽を取り込む手順



iTunesで音楽フォーマットを変換する手順

MP3で音楽を編集し、AACに変換して[着信音]にするケースを想定して[MP3→ACC]で説明を進めますが、他のフォーマット変換の場合も同様です。

iTunesを立ち上げ
パソコンのiTunesを立ち上げる
1[編集]
iTunesを起動し▼を押下しプルダウンメニューを表示
2[設定]を選択

[一般]タブ
iTunesの[一般]から[インポート設定]をクリック
[インポート設定]をクリック

iTunes[インポート方法]でAAC エンコーダを選択
今回変改したいフォーマットのAACを選択して[OK]
※他のフォーマット方法を指定したい場合は、プルダウンの選択肢を適宜指定して下さい。

iTunesで音楽データをAACに変換する

1変換したい音楽を選択して2[ファイル]→[変換]
iTunesでAACバージョンを作成を選択しAACに変換
上記、画像のように「AACバージョンを作成」という項目を選択。

iTunesでフォーマットを変換する場合、元のデータを残したまま、指定した新しいフォーマットの音楽データが作成されます。
従って変換作業が完了すると同じ曲名が2つできる事になります。

iTunesでフォーマット変換をすると同じ曲が2つできます

作成したファイルを確認するため、音楽ファイルを右クリックし[プロパティ]を選択
iTunesで変換された音楽のプロパティを確認

プロパティが開いたら[ファイル]を押下すると
種類が[AACオーディオファイル]になっています。
変換された音楽のプロパティで種類がAACオーディオファイルに

元のファイルが不要な場合も、念の為、プロパティを確認し、どちらのファイルが古いものかを確認した方が良いかと思います。

作成されたファイルを直接確認する場合、音楽ファイルを右クリックし
変換された音楽を右クリック→[Windowsエクスプローラーで表示]でフォルダを開く
[Windowsエクスプローラーで表示]を選択すると
ファイルが保存されているフォルダが開きます。

元ファイルを変換されたファイルをフォルダで開く

元ファイルのmp3以外に[.m4aファイル](AACファイル)が作成されています。

.mp3や.m4a等の拡張子が表示されない場合、Windowsの設定変更が必要です。

※以下の拡張子の表示方法はWindows7での例です。

[Windows]ボタンから
Windowsボタンから[コントロールパネル]を選択
[コントロールパネル]を選択

拡張子の表示方法 "[デスクトップのカスタマイズ]選択"
[デスクトップのカスタマイズ]

拡張子の表示方法 [フォルダオプション]選択
[フォルダオプション]

拡張子の表示方法 [登録されている拡張子は表示しない]のチェックを外す
[登録されている拡張子は表示しない]のチェックを外します。

「音楽ファイルをMP3,AAC,WAV,Apple ロスレス等に変換」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る