iPhoneで写真の位置情報(GPS)を削除

iPhoneで写真撮影する際に位置情報を付加できる
iPhoneで写真を撮る時にGPS(位置情報)を写真内に記録する事ができます。
写真に位置情報があると買い物時に気になったものを撮影したたり、料理の写真とお店の位置確認に使えたりなど便利なケースが多いです。
ただし、写真から場所を特定され行動範囲を探られストーカー被害にあったりする可能性もありますので注意して下さい。

そこで今回はSNSやWebサービスに写真を投稿する前に、iPhoneで撮影した写真から位置情報(GPS)を削除する方法について説明します。



iPhoneで写真の位置情報(GPS)を削除・修正するアプリ

まずはアプリを入手するためにApp Storeを起動
iPhone App Store アイコン

ドコデトッターの入手

1「検索」をタップし、検索窓に2「ドコデトッター」と入力し、検索します。
該当Appをタップしたら3「入手」します。
位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正アプリの「ドコデトッター」を入手

ドコデトッターの使い方

まずインストールしたドコデトッターを起動し画面をタップ。
位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正アプリの「ドコデトッター」の起動

iPhoneで位置情報(GPS)を削除したい写真を選択する

カメラロールから
iPhoneのカメラロールから位置情報を削除したい写真を選択
位置情報を削除したい写真を選択。
写真の右隅に[?]マークがついているものはもともと位置情報がない写真です。
写真をタップして1チェックを付け、2完了
※写真は「全て選択」や複数チェックして選択する事ができます。
位置情報を削除したい写真をチェック

ドコデトッターで写真を開くと
A撮影場所
B撮影日時
等の情報が表示されます。
これらを編集するには3編集ボタンをタップ
ドコデトッター上で写真を編集する

位置情報を削除する

ドコデトッターで撮影場所を削除

撮影場所を削除する旨のアラートが表示されます。
位置情報を削除する場合のアラート

以上で位置情報、撮影日時情報の埋め込み・修正は完了です。
iPhoneで位置情報の削除が完了
一応、誤って編集しないように右上のメニューから
写真から位置情報が削除されたか確認
「選択済の写真の解除」を行っておいた方が良いかもしれません。
選択された写真の解除をしておく

「iPhoneで写真の位置情報(GPS)を削除」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*



ページのトップへ戻る