写真の位置情報(GPS)・撮影日時を修正

iPhoneで写真の位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正

iPhoneで写真の位置情報(GPS)を削除・修正するアプリ

まずはアプリを入手するためにApp Storeを起動
iPhone App Store アイコン



ドコデトッターの入手

1「検索」をタップし、検索窓に2「ドコデトッター」と入力し、検索します。
該当Appをタップしたら3「入手」します。
位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正アプリの「ドコデトッター」を入手

ドコデトッターの使い方

まずインストールしたドコデトッターを起動し画面をタップ。
位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正アプリの「ドコデトッター」の起動

パソコンからの同期写真は複製する必要がある

写真を選択しますが、iPhoneに入っている写真=Aカメラロールから写真を選ぶ場合はそのまま作業を進めてられます。
→ 位置情報を付与する手順へ

Bその他の(パソコンと同期している)写真に位置情報などを埋め込みたい場合は、もう一つ作業が必要になります。
パソコンと写真を同期してiPhoneにコピーされている場合、写真の閲覧はできても編集・加工は許可されていません。
位置情報(GPS)・撮影日時を削除・修正したい写真を選択
そこで写真アイコンをタップして
iPhone App 写真 アイコン
(パソコンから同期した)位置情報を編集・埋め込みたい画像を選択し「編集」します
位置情報を埋め込みたい写真を編集
パソコンから同期しているので、そのままでは編集できません。
「複製して(コピーを)編集」を選択します。
位置情報を埋め込みたい写真を「複製して(コピーを)編集」
これでiPhoneで編集できる写真がコピー・複製できたので、(今回は)その他の編集はせずに[×]で写真を閉じます。
写真の複製・コピーが終わったら閉じる

iPhoneで位置情報を埋め込む写真を選択する

カメラロールから
iPhoneのカメラロールから位置情報を埋め込みたい写真を選択
位置情報を埋め込みたい写真を選択。
写真の右隅に[?]マークがついているものが位置情報がない写真です。
写真をタップして1チェックを付け、2完了
※写真は「全て選択」や複数チェックして選択する事ができます。
位置情報を埋め込みたい写真をチェック

ドコデトッターで写真を開くと
A撮影場所(この写真は位置情報がないので「-」)
B撮影日時
等の情報が表示されます。
これらを編集するには3編集ボタンをタップ
ドコデトッター上で写真を編集する

写真の位置情報、撮影日時情報の編集画面

位置情報を埋め込む

A撮影場所を選択
ドコデトッターで撮影場所、撮影日時の削除・編集ができる
D地図から撮影場所を編集
地図から撮影場所を編集

で「位置情報の利用を許可」
ドコデトッターに「位置情報の利用を許可」
地図のセンターにある赤い十字を指定したい場所に合わせて「ここに決定」
地図から撮影場所の位置情報を指定する

E「地名から撮影場所を編集」を選んだ場合
検索窓に1スポット名や住所などを入力し、2候補の中から該当するものを選択
ドコデトッターでスポットや住所を検索して位置情報
選択されたものが地図上に表示されので、間違いなければ「ここに決定」
地名から撮影場所を検索し位置情報を決定する

場所を決めると通常は撮影場所を変更し、元に戻せない旨のアラートが表示されるので「上書き保存」で。
位置情報を上書きする場合のアラート

位置情報を埋め込めない写真

以下のようなメッセージが出た場合
パソコンから同期した写真はそのままでは位置情報が埋め込めない
パソコンから同期した写真に関してはiPhoneで閲覧できても、加工・編集できません。
パソコンから同期した写真をコピー複製してから位置情報を埋め込みましょう。
→ パソコンから同期した写真のコピー・複製

撮影日を修正する

写真の撮影日時を修正する手順

ドコデトッターで撮影日を修正する

撮影時間を修正する

ドコデトッターで撮影時間を修正する

以上で位置情報、撮影日時情報の埋め込み・修正は完了です。
iPhoneで位置情報、撮影日時の編集が完了
一応、誤って編集しないように右上のメニューから
編集された位置情報、撮影日時の確認
「選択済の写真の解除」を行っておいた方が良いかもしれません。
選択された写真の解除をしておく

地図上に撮影した写真が表示されるか確認

確認のため写真Appから
iPhone 写真 アイコン
「写真」>「コレクション」>「モーメント」で地図上に表示されることを確認してみて下さい。
iPhoneの写真App上でも位置情報が正しく表示されるか確認
→ iPhoneで撮った写真を地図上で表示する

iPhoneで撮影した写真に位置情報を埋め込む設定をする

iPhoneで撮影された写真に位置情報が残らない設定になっているのであれば、位置情報を残す設定に変更することができます。
ホーム画面から[設定]を選択
iPhone 設定 アイコン
[プライバシー]をタップ
iPhoneの設定から[プライバシー]を選択

[位置情報サービス]
[プライバシー]から[位置情報サービス]を選択

[位置情報サービス]がオンになっている事を確認し、[カメラ]を選択
iPhoneの[位置情報サービス]をオンにし[カメラ]を選択

位置情報を写真に残したくない場合は A 許可しない
今回は位置情報を写真に残したい場合の説明なので B このAppの使用中のみ許可
を選択します。
写真撮影時に位置情報の付与を許可するか/許可しないかを選択

「写真の位置情報(GPS)・撮影日時を修正」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る