iPhoneのカメラを消音にする

iPhoneのカメラ・スクリーンキャプチャを消音

日本で販売されているiPhoneは基本機能の中ではカメラ消音にすることはできません。
iPhoneのスクリーンキャプチャ時のシャッター音も消すことができない仕様になっています。

今回iOS 10にアップグレードした際のバグ(不具合)で消音できる方法がありました。
但し10.1になった時にバグフィックスされ、以下の方法はできなくなりました。



カメラを消音で使うための環境

既にiOSのアップデートによってバグの解消は始まっていて、最新のiOSでは消音できなくなっているようです。
今、所有しているiPhoneで消音できるかどうかの確認方法。
まずはホーム画面の設定
iPhone 設定 アイコン
一般
iPhoneの設定→一般からiOSのVersionを調べる
ソフトウェアアップデート
iPhoneのiOSのVersionはソフトウェアアップデートに表示される
ここでiOS 10.0.1以前(10.0.2以降の数字では無理)であれば消音することはできます。
※解説用に画面をキャプチャーしたタイミングはiOS 10.0.3で、このVersionのiPhoneで始めて後述の消音設定をしようとしても出来なくなっています。
iPhoneのiOSの現在のVersion
但し、今後のアップデートで日本で発売されたiPhoneのすべてで消音はできなくなる可能性が高いです。

カメラを消音で使うための手順

まずはホーム画面の設定
iPhone 設定 アイコン
一般を選択
iPhone 設定から一般を選択
アクセシビリティ
iPhone 設定からアクセシビリティを選択
AssistiveTouch
iPhone 設定からAssistiveTouchを選択
AssistiveTouchをオンにし、[最上位のメニューをカスタマイズ]を選択
AssistiveTouchをオンにし、[最上位のメニューをカスタマイズ]を選択
最上位のメニューが1つの時しかできないようなので、6個あるアイコンを[-]をタップして減らしていきます。
最上位のメニューを1つに減らす
最後に残ったアイコンをタップし
AssistiveTouchの最後に残ったアイコンをタップ
AssistiveTouchに割り当てる機能を[消音]にし、完了。
AssistiveTouchに割り当てる機能を[消音]に
アイコンも[消音]になっていることを確認したら[< 戻る]か、設定を終了します。
AssistiveTouchのアイコンが消音に変わる
これで画面上に[AssistiveTouch]が表示されます。
AssistiveTouchは邪魔にならないように自由に移動することができます。
AssistiveTouchがiPhoneに表示されるように

スクリーンキャプチャを消音で撮る

AssistiveTouchを一回タップすると消音になります。
AssistiveTouchを一回タップすると消音に
Aスリープ/スリープ解除ボタンとBホームボタンを同時に押すとスクリーンキャプチャが取れます。
iPhoneのスクリーンキャプチャを消音で撮る
全ての音が消音になっているのでAssistiveTouchをもう一度タップして消音を解除するのを忘れずに
AssistiveTouchをタップして消音を解除する

カメラAppで写真を消音で撮る

iPhoneのカメラappを消音で使いたい時も同じ要領でできます。
撮影前にAssistiveTouchで消音にしておいてから、シャッターボタンをタップすれば音が鳴らずに撮影できます。
iPhoneのカメラAppで写真を消音で撮る

「iPhoneのカメラを消音にする」の記事に対する質問/コメント

※URLはリンクされません

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*



ページのトップへ戻る